電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

大清帝国への道

 

(講談社学術文庫)

石橋崇雄【著】

講談社 2014/11 発行
ISBN: 9784062920711
KNPID: 9987278310
定価 :¥495(本体 ¥450)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

従来、「異民族の征服王朝」もしくは「最後の中華王朝」とのみ捉えられてきた清は、満・漢・藩の「三つの貌」を持つ帝国だった。ヌルハチが統合した北方の一小国は、やがて長城を越えて北京に入城し、さらに中央アジアを制圧、康熙・雍正・乾隆という三帝のもとで最盛期を迎える。満洲語史料を読み解き、現代に続く多民族国家の形成過程を解明する。(講談社学術文庫)

目 次

序章 天安門から満漢全席まで──大清帝国と現代中国
第一章 三つの貌を持つ帝国
1 双性の王朝──「夷」と「華」の二面性
2 三重構造の帝国
3 清朝をどう捉えるか
4 六つの発展段階
第二章 民族統合・建国から大清国の成立──初代ヌルハチと第二代ホン=タイジの時代
1 マンジュ国の樹立
2 アイシン国の形成──八旗制の創生と遼東への進出
3 ホン=タイジのハン即位──革新と保守の軋轢
4 アイシン国から大清国へ
第三章 中国内地への進出から絶対君主権の確立へ──第三代順治帝・第四代康熙帝・第五代雍正帝の時代
1 入関と順治帝の親政
2 康熙帝──中国内地統一
3 ネルチンスク条約締結──国際法との遭遇
4 雍正帝──絶対君主権確立
第四章 最大版図の形成──第六代乾隆帝の時代
1 支配領域拡大の陰で
2 中央アジア地域への進出──藩部の成立
第五章 「華夷一家」多民族王朝の確立
1 大清帝国繁栄の光と影──『四庫全書』と文字の獄
2 夷から華への返答──雍正帝の『大義覚迷録』
3 「華夷一家」=大清帝国の世界観
終章 帝国末期の改革と保守──大清帝国から満洲国へ
1 アヘン戦争と太平天国──守成期から守勢期へ
2 最後の改革と保守──慈禧皇太后と漢人官僚の時代
3 大清帝国の残したもの
補論 時代区分──新たなる「清初期」
『賢行典例』(抄)
参考文献
あとがき
学術文庫版あとがき

著者紹介

石橋崇雄[イシバシタカオ]
1951年埼玉県生まれ。東京大学文学部卒、同大学大学院博士課程修了。現在、国士舘大学教授。専攻は中国清朝史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)