電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

道徳感情論

 

(講談社学術文庫)

アダム・スミス【著】   高哲男【訳】

講談社 2014/08 発行
ISBN: 9784062921763
KNPID: 9989358168
定価 :¥1,617(本体 ¥1,470)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

アダム・スミスの二大著作の一冊が『道徳感情論』(1759)です。本書こそが主著で、『国富論』はその副産物だったのです。個人とは「共感」能力を持ち、様々な「激情」を持っています。利己的であったり、社会的であったり、憤ったり、感謝したりします。スミスはこういった個人の心に「義務」「道徳」を確立して、新しい社会と人間のあり方を探りました。近代社会の原理を知るための必読書が読み易い新訳で登場! (講談社学術文庫)

目 次

第1部 行為の適合性について
第2部 功績と欠陥について、すなわち、報奨と罰の対象について
第3部 我々自身の感情と行為に関する我々の判断の基礎、および義務感について
第4部 是認という感情に対して効用がもつ効果について
第5部 道徳的な是認や否認という感情に対する慣習や流行の影響について
第6部 美徳の特徴について
第7部 道徳哲学の体系について

著者紹介

スミス,アダム[スミス,アダム] [Smith,Adam]
1723‐1790。英国の経済学者・道徳哲学者

高哲男[タカテツオ]
1947年生まれ。九州大学経済学部経済学科卒業。現在、九州産業大学大学院教授、九州大学名誉教授。博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)