電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

明治維新の遺産

 

テツオ・ナジタ   坂野潤治

講談社 2013/09 発行
ISBN: 9784062921862
KNPID: 9989560943

この商品はBookWeb Proでのお取り扱いができません。恐れ入りますがご了承下さい。

ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

幕末、明治、昭和、そして……。近代以降の日本の歴史はひとつの対立軸を中心にかたちづくられてきた。本書は徳川官僚制とそのイデオロギー的基盤から説き起こし、明治維新、昭和維新、そして敗戦後まで「官僚的合理主義」と「維新主義」の相剋として描き出す。現れては消える〈維新〉はわれわれに何をもたらすのか? 歴史解釈は未来を見据える。(講談社学術文庫)

目 次

第1章 近代日本への一視座
第2章 徳川官僚制の遺産
第3章 徳川末期の「維新主義」
第4章 明治の模索―立憲制とイデオロギー的確実性を求めて
第5章 二十世紀初期の政治的変化と抵抗
第6章 二つの維新と現代日本の可能性

著者紹介

ナジタ,テツオ[ナジタ,テツオ] [Najita,Tetsuo]
1936年、ハワイ生まれ。シカゴ大学歴史学部教授を経てシカゴ大学名誉教授

坂野潤治[バンノジュンジ]
1937年、神奈川県生まれ。東京大学教授などを経て東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)