電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》

 

(講談社学術文庫)

橋本毅彦【著】

講談社 2013/09 発行
ISBN: 9784062921879
KNPID: 9989560951
定価 :¥1,100(本体 ¥1,000)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

フランスのオノレ・ブランという技術者による「互換性部品」に始まる近代の標準革命。アメリカでその技術は、困難を乗り越え、「アメリカ式製造方式」として確立された。さらにテイラーによる作業の標準化は、アメリカを製造業大国にする。公的機関が標準を決めるデジューレから市場での占有によるデファクトの時代へ。「標準」をキーワードに、製造の現場のドラマと国家、企業、市場の関係、そして背後に潜む思想を探ります。(講談社学術文庫)

目 次

第1章 ジェファーソンを驚かせた技術―標準化技術の起源
第2章 工場長殺人事件を越えて―「アメリカ式製造方式」の誕生
第3章 工廠から巣立った技術者たち―大量生産への道
第4章 ネジの規格を決める―互換性から標準化へ
第5章 旋盤とレンガ積みの科学―テイラー主義の出現
第6章 標準化の十字軍―国家による標準化とその限界
第7章 技術システムの構築と標準―二〇世紀の交通輸送革命
第8章 標準化の経済学―デファクト・スタンダードの功罪

著者紹介

橋本毅彦[ハシモトタケヒコ]
1957年生まれ。東京大学教養学部卒、同大学院理学研究科修士課程修了、ジョンズ・ホプキンス大学科学史博士号取得。現在、東京大学教授。専門は、科学史・技術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)