電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

役人の生理学

 

(講談社学術文庫)

オノレ・ド・バルザック【著】   鹿島茂【訳】

講談社 2013/12 発行
ISBN: 9784062922067
KNPID: 9989870675
定価 :¥616(本体 ¥560)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

革命後、ジャーナリズムが勃興したフランスで一気にブレイクした「生理学」シリーズ。現代の「スーパー・エッセイ」のたぐいですが、バルザックの観察眼にはなかなか唸らせられます。冒頭の定義があります。「役人とは生きるために俸給を必要とし、自分の職場を離れる自由を持たず、書類作り以外なんの能力もない人間」現在と同じではありませんか! 付録に、一九世紀の役人文学3篇を追加。(講談社学術文庫)

目 次

役人の生理学(定義 役人の有用性の証明 役人の哲学的・超越的歴史 区別 役所 ほか)
付録 役人文学アンソロジー(バルザック『役人』(概要と抜粋)
フロベール『博物学の一講義・書記属』
モーパッサン『役人』)

著者紹介

バルザック,オノレ・ド[バルザック,オノレド] [Balzac,Honor´e de]
1799‐1850年。フランスの小説家。代表作に『ゴリオ爺さん』ほか多数の“人間喜劇”と呼ばれる作品群を書いた

鹿島茂[カシマシゲル]
1949年生まれ。東京大学仏文科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、明治大学教授。19世紀フランスの社会・小説が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)