電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

富士山の自然史

 

貝塚爽平【著】

講談社 2014/02 発行
ISBN: 9784062922128
KNPID: 9990064393
定価 :¥880(本体 ¥800)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

なぜあの場所に富士山があるのでしょうか? その場所は、地球の構造線、トラフ、火山帯のちょうど交点です。三方向からの大きな力が集結し、単独で聳える日本の最高峰ができました。250万年前から現の重要なイベントを追跡することで、日本の地形の成り立ちを解明します。氷河期と間氷期の海水面の変化、火山灰の堆積、地殻変動、風雨による浸食作用……が地形を造ります。ロングセラー『東京の自然史』の姉妹編です。(講談社学術文庫)

目 次

第1部 日本の自然(東海道線に沿って 東海道の台地 富士山はなぜそこにあるのか ほか)
第2部 東京の自然(東京の坂と富士山 関東ロームの話 野川と国分寺崖線 ほか)
第3部 自然の見方(第四紀の自然環境 大昔をたぐり寄せる 時・空を測るものさし ほか)

著者紹介

貝塚爽平[カイズカソウヘイ]
1926~1998年。東京大学理学部地理学科卒業、同大学院特別研究生前期修了。東京都立大学教授を経て、東京都立大学名誉教授。専門は地形学。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)