電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

グノーシスの神話

 

(講談社学術文庫)

大貫隆【訳著】

講談社 2014/07 発行
ISBN: 9784062922326
KNPID: 9990467366
定価 :¥1,210(本体 ¥1,100)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

1世紀の地中海世界に誕生し、「古代キリスト教最大の異端思想」ともいわれる「グノーシス主義」が生み出した神話の主要な断章を紹介する。1945年にエジプトで発見されて宗教界にセンセーションを起こしたグノーシス主義の基本文献「ナグ・ハマディ文書」のエッセンスとともに、その影響の強いマンダ教、マニ教の教典の主要部分を抜粋し編成。1999年および2011年に岩波書店より刊行された同名書籍の文庫化。(講談社学術文庫)

目 次

1 グノーシス主義とは何か(グノーシス主義の世界観と救済観 グノーシス主義の系譜学)
2 ナグ・ハマディ文書の神話(世界と人間は何処から来たのか 世界と人間は何処へ行くのか ほか)
3 マンダ教の神話(マンダ教について 『ギンザー(財宝)』の神話)
4 マニ教の神話(マニとマニ教について マニ教の神話)
結び グノーシス主義と現代

著者紹介

大貫隆[オオヌキタカシ]
1945年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科西洋古典学専攻博士課程修了。ミュンヘン大学にてDr.theol.取得。現在、東京大学名誉教授、自由学園最高学部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)