電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

愛欲のローマ史 変貌する社会の底流

 

本村凌二【著】

講談社 2014/06 発行
ISBN: 9784062922357
KNPID: 9990467382
定価 :¥880(本体 ¥800)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

平和と繁栄を極めた古代ローマ。そこに溢れる過剰な欲望と、淫靡な乱行の裏には、どんな意識が潜んでいたのだろうか。そして、そうしたいとなみを「頽廃」や「堕落」と断罪する感性は、どのように生まれてきたのだろうか。「性愛」と「結婚」、そして「家族」をめぐる意識の変化は、人々の規範をどのように規定し、社会を変容させたのだろうか。社会の変貌の底にある「愛」と「性」のかたちを描き、歴史の深層をとらえる。(講談社学術文庫)

目 次

1 この世は恥辱と悪徳に満ち満ちている(アウグストゥスの娘 ユリアの放蕩 ほか)
2 相異なる顔をもつローマ人(二つのローマ キケロの時代と社会―自由闊達・質実剛建の時代 ほか)
3 表象と心象―歴史の逆説(ホラティウスの冷笑 マルティアリスの嘲笑 ほか)
4 「結婚」と夫婦愛(カエサルは妻に愛をささやいたか 「姦通」は家の汚名 ほか)
5 「自分を見つめる心」と道徳(ある市民の独白 「読み書き能力」について考える ほか)

著者紹介

本村凌二[モトムラリョウジ]
1947年生まれ。東京大学大学院修了。文学博士(西洋史学)。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授を経て、早稲田大学特任教授、東京大学名誉教授。“KODAI:Journal of Ancient History”編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)