電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

ハンナ・アレント

 

(講談社学術文庫)

川崎修【著】

講談社 2014/06 発行
ISBN: 9784062922364
KNPID: 9990467390
定価 :¥1,595(本体 ¥1,450)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

二十世紀思想の十字路と呼ばれたハンナ・アレント。全体主義を近代精神の所産として位置づけ、国民国家秩序の破綻と難民の世紀到来を明らかにした政治哲学者。彼女は、帰るべき家郷を失った時代の保守主義者として、あるいは進歩を信じ得ない時代の革命的理論家として常に時代と対決することで現代の苦境を可視化し、政治の再定義を通じて現代に公共性を可能にする条件を構想した。その思想の全体像を、第一人者が平易に描き出す。(講談社学術文庫)

目 次

第1章 十九世紀秩序の解体―『全体主義の起原』を読む(前編)(『全体主義の起原』の謎 十九世紀政治秩序 ほか)
第2章 破局の二十世紀―『全体主義の起原』を読む(後編)(国民国家体制の崩壊 「社会」の解体 ほか)
第3章 アメリカという夢・アメリカという悪夢(アメリカとヨーロッパ 『革命について』 ほか)
第4章 政治の復権をめざして(労働・仕事・活動 アレントの政治概念 ほか)

著者紹介

川崎修[カワサキオサム]
1958年生まれ。東京大学法学部卒業。北海道大学教授を経て、立教大学教授。専攻は政治学、政治学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)