電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

天皇の軍隊

 

(講談社学術文庫)

大濱徹也【著】

講談社 2015/06 発行
ISBN: 9784062923026
KNPID: EK-0259556
定価 :¥825(本体 ¥750)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

日本人にとって「軍隊」とはなんだったのか。大日本帝国軍隊は、天皇に直隷するまさに「天皇の軍隊」であった。天皇は軍人の「頭首」として、斃れた将兵の魂魄を守る者としても存在した。しかし、天皇の名による軍隊生活の実態とは…。徴兵の恐怖感、凄惨な私的制裁、兵士たちの性生活と花柳病、遺された家族の貞操…。戦争が長期化するなかで、軍隊は大衆化し、軍官僚は肥大化して「天皇の軍隊」は大きく変質していった。(講談社学術文庫)

著者紹介

大濱徹也[オオハマテツヤ]
1937年山口県生まれ。東京教育大学卒。文学博士。女子学院教諭、中京大学・筑波大学・北海学園大学教授などを経て、筑波大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)