電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

弁証法とイロニー 戦前の日本哲学

 

菅原潤【著】

講談社 2015/07 発行
ISBN: 9784062585538
KNPID: EK-0265447
定価 :¥1,485(本体 ¥1,350)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

戦前期、「近代」を問う日本の知識人たちは何を思想的課題とし、何を思考し続けていたのか。田辺元の「弁証法」と保田与重郎の「イロニー」を二つの極に、三木清の「人間学」・萩原朔太郎の「デカダンス」の思想を媒介項とすることにより戦前期昭和思想の思想地図を大幅に書き換える。同時に、ハイデガー・ベンヤミンらと同時代の思想的営為として世界の哲学思潮の中に戦前期昭和の思想を位置づける画期的著作。(講談社選書メチエ)

著者紹介

菅原潤[スガワラジュン]
1963年生。東北大学文学部卒業、同大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、長崎大学環境科学部教授。専門は近現代ドイツ思想、環境哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)