電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

漱石人生論集

 

夏目漱石【著】

講談社 2015/10 発行
ISBN: 9784062923279
KNPID: EK-0282702
定価 :¥825(本体 ¥750)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

『吾輩は猫である』を1905年に発表し、文壇に登場してから絶筆となった1916年の『明暗』まで、10年余りの作家活動で人生を深く考察した夏目漱石。その読み手として著名な直木賞作家・出久根達郎氏が、「漱石の作品のすべてが人生を論じている」として選んだ随筆、講演、書簡などから、人間と人生を凝視した警句と人生訓を読み取る。(講談社学術文庫) ※この電子書籍の底本である、講談社学術文庫の原本は、2001年4月に講談社より講談社文芸文庫として刊行されました。『漱石人生論集』は、講談社学術文庫を底本とし電子化した電子書籍のほかに、講談社文芸文庫を底本とし電子化した電子書籍も配信中です。電子書籍の講談社文芸文庫版には、電子書籍の講談社学術文庫版に収録されている「解説」(出久根達郎)が収録されていません。

著者紹介

夏目漱石[ナツメソウセキ]
1867年(慶応3年)、江戸牛込馬場下横町(現、新宿区喜久井町)に生まれる。本名金之助。帝国大学文科大学英文科を卒業。1900年文部省留学生として渡英、帰国後東京帝国大学にて「文学論」「十八世紀英文学」を講ずる。1907年、朝日新聞社に入り、以後多くの名作を残す。1916年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)