電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

享徳の乱 中世東国の「三十年戦争」

 

(講談社選書メチエ)

峰岸純夫【著】

講談社 2017/10 発行
ISBN: 9784062586641
KNPID: EK-0479835
定価 :¥1,650(本体 ¥1,500)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

戦国時代は「応仁・文明の乱」より13年早く、関東から始まった――。 享徳3年(1454)、古河公方と上杉氏の対立に始まる仁義なき抗争。以降30年近くにわたる戦乱を著者は、「享徳の乱」と称すべきと学界に提唱した。本書はこの用語をメインタイトルとし、「戦国時代の開始=応仁の乱」という根強い「国民的常識」を正さんとする著者年来の宿願である。

目 次

はじめに 教科書に載ってはいるけれど……
第一章 管領誅殺
第二章 利根川を境に
第三章 応仁・文明の乱と関東
第四章 都鄙合体
むすびに 「戦国」の展開、地域の再編
参考文献
あとがき
関連年表

著者紹介

峰岸純夫[ミネギシスミオ]
1932年、群馬県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修士課程修了。横浜市立港高等学校教諭、慶應義塾志木高等学校教諭を経て、宇都宮大学教育学部専任講師、同助教授、東京都立大学人文学部助教授、同教授、中央大学文学部教授を歴任。文学博士。専攻は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)