電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

本の未来を探す旅 台北

 

内沼晋太郎【著】   綾女欣伸【著】   山本佳代子【写真】

朝日出版社 2018/12 発行
ISBN: 9784255010847
KNPID: EK-0660018
定価 :¥2,200(本体 ¥2,000)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

韓国のソウルで始まった「本の未来を探す旅」。
次の行き先は南に進路を変え、台湾の台北を目指した。
この島国でも韓国と同様に、若い世代が新しく本屋を立ち上げては、自力で出版社を始める。
東アジアでいま同時多発的に起こっている「独立」のムーブメントは、いったい何を意味し、
この先どこへ向かうのだろう? 台北とソウルの違いは、何だろう?
異なる場所と文化の中に身を置くとき、日本から見ていた「本の未来」はどう変わっていくだろうか。
今回も書店主や編集者やブックデザイナーなど、台湾の出版文化を牽引する
新世代31人に会って、じっくり話を聞いた。

著者紹介

内沼晋太郎[ウチヌマシンタロウ]
1980年生まれ。ブック・コーディネーター、クリエイティブ・ディレクター。NUMABOOKS代表、下北沢「本屋B&B」共同経営者

綾女欣伸[アヤメヨシノブ]
1977年生まれ。朝日出版社で編集職

山本佳代子[ヤマモトカヨコ]
フォトグラファー。参加写真集に『Tokyo Halloween』。主な仕事はミュージシャンのCDジャケットやプロフィール写真など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)