電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

ひれふせ、女たち : ミソジニーの論理

 

ケイト・マン【著】   小川芳範【訳】

慶應義塾大学出版会 2020/02 発行
ISBN: 9784766426359
KNPID: EK-0806908
定価 :¥3,520(本体 ¥3,200)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「女性嫌悪」とされるミソジニーとは何か?
「ミソジニー」についての初めての研究書であり、フェミニズム思想を刷新した注目作がついに翻訳。社会生活と政治の中にある「ミソジニー」を、分析哲学的アプローチで探究することで「ミソジニー」を定義し直し、それがどのように機能しているか明らかにする。

著者紹介

マン,ケイト[マン,ケイト] [Manne,Kate]
コーネル大学哲学科准教授。専門は倫理・社会・フェミニズム哲学。学術雑誌のほか、『ニューヨーク・タイムズ』、『ハフィントンポスト』などにも寄稿

小川芳範[オガワヨシノリ]
翻訳家、ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。ブリティッシュ・コロンビア大学哲学科博士号取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)