電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実

 

(日経プレミアシリーズ)

峰宗太郎【著】   山中浩之【著】

日経BP 2020/12 発行
ISBN: 9784532264505
KNPID: EK-0930918
定価 :¥935(本体 ¥850)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「新型ワクチンは9割効く、ってどういう意味? 」
「ワクチンができれば、もうマスクはしなくていいの? 」
「なんでこんなに速くワクチンができたの? 」
「あれ、インフルエンザワクチンはいまいち効かないですよね? 」

「新型コロナワクチン」の接種開始を前に、その効果とリスクを巡って議論が盛り上がってきました。Twitterで5万人のフォロワーを持つ米国研究機関在籍の若手ウイルス免疫学者、峰宗太郎先生が、対話形式でとっても分かりやすく、そして時には辛辣に、新型コロナと人間の免疫系、そしてワクチンを巡るさまざまな問題について語ります。メディアやネットの情報に踊らされず、パニックを起こさず、冷静に自分の頭で判断するための科学的トピックが満載です。

目 次

第1章 新型コロナの基礎知識と振り返り

第2章 治療薬とワクチン、基礎の基礎

第3章 「核酸ワクチン」への期待と不安

第4章 ワクチンとヒトの免疫、基礎の基礎

第5章 新型コロナ対策の「湯加減」

第6章 やっぱり知りたい、PCR検査

第7章「無制限PCR検査」が見せた理解のズレ

第8章 根拠の薄い話に惑わされない思考法

第9章 誰を信じるのか、信じていいのか?

著者紹介

峰宗太郎[ミネソウタロウ]
1981年、京都府生まれ、京都大学薬学部、名古屋大学医学部医学科卒業、東京大学大学院医学系研究科修了。国立国際医療研究センター病院、国立感染症研究所等を経て、2018年より米国立研究機関博士研究員。国内外で得たスタンダードな医療知見のもと、SNSやブログで正しい医療情報を発信している。医師(病理専門医)、薬剤師、医学博士。病理学、血液悪性腫瘍・感染症の病理診断、ウイルス学、免疫学。予防医療普及協会顧問

山中浩之[ヤマナカヒロユキ]
1964年、新潟県生まれ。87年日経BP入社。以来、日経ビジネス、日本経済新聞社証券部、日経クリック、日経パソコンなどを経て、現在日経ビジネス編集部でウェブと書籍の編集に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)