電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

安いニッポン 「価格」が示す停滞

 

(日経プレミアシリーズ)

中藤玲【著】

日経BP 2021/03 発行
ISBN: 9784532264536
KNPID: EK-0965190
定価 :¥935(本体 ¥850)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「日本の初任給はスイスの3分の1以下」
「日本のディズニーの入園料は、世界でもっとも安い水準」
「港区の平均所得1200万円はサンフランシスコでは『低所得』」
「日本の30歳代IT人材の年収はアメリカの半額以下」 ……
物価も人材もいつしか「安い」国となりつつある日本の現状について、
ダイソー、くら寿司、京都、ニセコ、西川口など、記者がその現場を取材。

コロナ禍を経てこのまま少しずつ貧しい国になるしかないのか。脱却の出口はあるか。
取材と調査から現状を伝え、識者の意見にその解決の糸口を探る。

2019年末から2020年にかけて日経本紙および電子版で公開され、
SNSで大きな話題をよんだ記事をベースに取材を重ね、大幅加筆のうえ新書化。

目 次

はじめに 日本の「安さ」を直視する

第1章 ディズニーもダイソーも世界最安値水準――物価の安い国

世界で最も安い「夢の国」/「100均」なのは日本だけ/回転ずしも日本が最安/バブル世代のたそがれ/なぜこれほど安いのか/スーパーの店頭から見える価格下落/読者が思う「安いニッポン」

第2章 年収1400万円は「低所得」?――人材の安い国

サンフランシスコVS港区/労働生産性が主要先進国で最下位の背景/人手不足が崩す年功序列/初任給やIT報酬も低い/インドで人材を確保できない/横並びの賃上げ交渉/「ボイス」を上げない日本人/ジョブ型で全て解決?

第3章 「買われる」ニッポン――外資マネー流入の先に

ニセコが買われる/技術が買われる/崩れる日本のお家芸「アニメ」/ネットフリックスの制作費はNHKの5倍/最新の「外国人街」事情に学ぶ

第4章 安いニッポンの未来――コロナ後の世界はどうなるか

インバウンドバブルのその後/ホテルに見る「二重価格」/「高いニッポン?」携帯料金への値下げ圧力/水産会社の憂鬱/「安い」ことによる弊害/コロナ後に日本の「安さ」は変わるのか/国、企業、個人はどうすべきか

著者紹介

中藤玲[ナカフジレイ]
1987年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、米ポートランド州立大学留学。2010年、愛媛新聞社入社、編集局社会部(当時)。2013年、日本経済新聞社入社。編集局企業報道部などで、これまで食品、電機、自動車、通信業界やM&A、働き方などを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)