電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

希望の未来への招待状 持続可能で公正な経済へ

 

マーヤ・ゲーペル【著】   三崎和志【訳】   大倉茂【訳】

大月書店 2021/07 発行
ISBN: 9784272431045
KNPID: EK-1033042
定価 :¥1,760(本体 ¥1,600)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

脱成長、それは自然と人間が融和する未来

危機的状況にある地球環境を守るには、経済成長を追い続けた人間の活動を根本的に見直すしかない。生命の源である自然を守り、富の偏在と経済格差を縮小する持続可能な世界へと誘う、コロナ後のドイツで16万部を超えたベストセラー。

斎藤幸平(経済思想家)氏 推薦! 
なぜ脱成長が必要なのか。マルクス・ガブリエルの同僚が打ち出すポスト資本主義の未来を刮目せよ。

【著者】
マーヤ・ゲーペル
1976年生まれ。ドイツの政治経済学者、持続可能性研究者。ドイツ地球変動諮問評議会(WBGU)の元事務局長、ニューインスティテュート(The New Institute)の科学ディレクター。リューネブルク大学の名誉教授でもある。

三崎和志
東京慈恵会医科大学教授

大倉茂
東京農工大学講師

府川純一郎
横浜国立大学非常勤講師

守博紀
高崎経済大学非常勤講師

目 次

第1章 招待状
第2章 新たな現実
第3章 自然と生命
第4章 人間とふるまい
第5章 成長と発展
第6章 技術の進歩
第7章 消費
第8章 国家・市場・公共財
第9章 公正
第10章 思考と行動

著者紹介

ゲーペル,マーヤ[ゲーペル,マーヤ] [G¨opel,Maja]
1976年生まれ。政治経済学者であり、科学、政治、社会を横断するサスティナビリティ研究者(博士)。ドイツ地球変動諮問評議会(WBGU)元事務局長。ローマクラブ(Club of Rome)、世界未来会議(World Future Council)、バラトン・グループ(Balaton Group)の会員。2019年よりリューネブルク・ロイファナ大学の名誉教授。2020年11月より、同年ハンブルクに設立されたシンクタンク、ザ・ニュー・インスティテュート(The New Institut)の研究主任に就任。2019年、市場経済的環境政策のためのアダム・スミス賞、2021年にはエーリッヒ・フロム賞を受賞

三崎和志[ミサキカズシ]
1963年生まれ。東京慈恵会医科大学教授(専攻は哲学)

大倉茂[オオクラシゲル]
1982年生まれ。東京農工大学大学講師(専攻は環境倫理学)

府川純一郎[フカワジュンイチロウ]
1983年生まれ。横浜国立大学・東海大学非常勤講師(専攻は美学・哲学)

守博紀[モリヒロノリ]
1985年生まれ。高崎経済大学非常勤講師(専攻は哲学・倫理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)