電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

Think critically クリティカル・ シンキングで真実を見極める

 

ジョエル・ベスト【著】   飯嶋貴子【訳】

慶應義塾大学出版会 2022/01 発行
ISBN: 9784766427868
KNPID: EK-1122487
定価 :¥2,200(本体 ¥2,000)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

▼「それって本当?」と疑う思考術のスキルを教えます。
▼自らの議論を「クリティカル」に検証できれば最強です。
▼思考術の21世紀型スキルとして教育でも注目されています。

「クリティカル・シンキングは重要だ」とよく言われるが、実際どのような思考をすればよいのか。
本書は、社会学者のジョエル・ベストが学問の基本である、問題設定、議論の検証、証拠の疑い方など基本的なスキルを専門知識なしにわかりやすく手ほどきする。

目 次

第1章 クリティカル・シンキングとは何か?

第2章 社会についての「議論」とは何か?

第3章 日常生活のなかの議論
 エピソード/人物に焦点をあてる議論――対人論証/現代社会のなかの神話/世間知と
 隠喩(メタファー)/事実(ファクト)とは何か/日々の推論の注意点

第4章 社会科学の発想法
 パターンを認識する/因果関係の基準/社会科学のクレイムを評価する/証拠の重要性
 
第5章 なぜ社会科学を信用するのか
 社会科学のなかの社会学/社会学の事例/社会学とクリティカル・シンキング

第6章 社会学とはどういう学問か
 社会学のなかの陣営(キャンプ)/社会学が抱く羨望/社会学はまとまりがない
 
第7章 社会学における立場の違い
 楽観主義と悲観主義/〈文化チーム〉と〈構造チーム〉/インサイダーとアウトサイダー/悲劇と
 喜劇/志向性の重要性

第8章 言葉の問題
 特殊用語/流行語/用語の定義の問題/概念(コンセプト)の拡大――コンセプトクリープ

第9章 社会についての「問い」と「測定」
 社会学的な問い/経験的な問い/問いに答えるための測定/何が測定されているか?/
 測定を疑う

第10章 比較は大事
 変数とは何か/比較にまつわる問題/様々な比較による研究結果/再現性の重要性/定性
 的研究者にとっての比較/比較を疑う

第11章 社会現象の「傾向」の捉え方
 傾向をどのように理解するか/生態学的誤謬とは何か/社会学的説明の注意点/傾向を考え
 ることの重要性/

第12章 証拠を吟味する
 効果的な証拠とは何か/それほど効果的でない証拠/証拠の選択を疑う/研究の選択を疑う
 
第13章 自分自身を疑う
 みずからの偏見(バイアス)を認識し対処する/期待が発見に与える影響/イデオロギー的同質性の問
 題/自分にクリティカルであること
 
第14章 論じるのが厄介なテーマ
 文化の波が起こすこと/「良い子問題」/タブーとなっているテーマ/限定なしにクリティカルに
 考える
 
おわりに――なぜクリティカル・シンキングは重要なのか


 訳者あとがき
 註
 参考文献
 索引

著者紹介

ベスト,ジョエル[ベスト,ジョエル] [Best,Joel]
1946年生まれ。デラウェア大学社会学・刑事司法学部教授。カリフォルニア大学バークレー校博士課程を修了。1971年にPh.D.(Sociology)を取得

飯嶋貴子[イイジマタカコ]
翻訳家。サンフランシスコ州立大学大学院比較文学修士課程修了。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)