電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

世界のいまを知り未来をつくる 評論文読書案内

 

小池陽慈【著】

晶文社 2022/03 発行
ISBN: 9784794973023
KNPID: EK-1155177
定価 :¥1,760(本体 ¥1,600)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

大学入試に出題される評論文は、なぜ難解なものが多いのか? それは、その多くが「世界に山積される数多くの課題」に取り組む上で必要とされるものだから。評論文を読み解くことは、世界をよきものにするための最良の独学の道である。国民国家、資本主義、グローバリゼーション、新自由主義、ポピュリズム…世界のいまを知り、未来をつくるために必要な知識を伝える、学び直し読書案内。高校生から社会人まで、必読教養入門書・良書30冊の紹介とその読み解き方。

「本書で紹介する書物に扱われるテーマが現代社会や世界に山積される数多くの課題である以上、そうした一歩一歩の先に開けてくるのは、この社会、そして世界を理解するための視座──そしてそれをより良きものへと導くための回路であるはずです。つまり、評論文のより良き読み手となることは、僕たち自身が、この社会や時代を未来へと切り拓いてゆく一個の主体となることに等しいのです。」(「はじめに」より)

【目次】
第1章:〈表象representation〉とは何か?
§1 再現としての表象
§2 代表/代弁としての表象

第2章:国民国家と民主主義
§1 フランス革命と国民国家
§2 一般意思とは何か
§3 多数決について考える
§4 全体主義
§5 ポピュリズム
§6 代議制民主主義の限界を超える

第3章:コロニアリズムの歴史を概観する
§1 近代国家の夜明け
§2 ナショナリズム
§3 資本主義
§4 植民地主義=コロニアリズム
§5 植民地主義とナショナリズムの相関
§6 日本の近代をふりかえる
§7 近代国家としての日本の言語政策

第4章:声を奪われた人々の"声"

【本書で紹介する推薦図書30】
森達也『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ 増補新版 世界を信じるためのメソッド』(ミツイパブリッシング)
佐々木毅『民主主義という不思議な仕組み』(ちくまプリマ―新書)
遅塚忠躬『フランス革命 歴史における劇薬』(岩波ジュニア新書)
重田園江『社会契約論 ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』(ちくま新書)
坂井豊貴『多数決を疑う 社会的選択理論とは何か』(岩波新書)
石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』(講談社現代新書)
水島治郎『ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か』(中公新書)
小熊英二『社会を変えるには』(講談社現代新書)
高澤紀恵『世界史リブレット29 主権国家体制の成立』 (山川出版社)
谷川稔『世界史リブレット35 国民国家とナショナリズム』(山川出版社)
ヨハン・モスト『マルクス自身の手による資本論入門』(大月書店)
川北稔『砂糖の世界史』(岩波ジュニア新書)
吉見俊哉『博覧会の政治学 まなざしの近代』(講談社学術文庫)
三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』(岩波新書)
加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(新潮文庫)
川村湊『海を渡った日本語 植民地の「国語」の時間』(青土社)
石原俊『〈群島〉の歴史社会学 小笠原諸島・硫黄島、日本・アメリカ、そして太平洋世界』(弘文堂)
安彦良和『虹色のトロツキー』全八巻(中央公論新社)
吉田裕『日本軍兵士 アジア・太平洋戦争の現実』(中公新書)
モフセン・マフマルバフ『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない 恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』武井みゆき、渡部良子訳(現代企画室)
四方田犬彦『驢馬とスープ papers2005-2007』(ポプラ社)
石牟礼道子『蘇生した魂をのせて』(河出書房新社)
森山至貴『LGBTを読みとく クィア・スタディーズ入門』(ちくま新書)
辺見庸『たんば色の覚書 私たちの日常』(角川文庫)
金森詩恩『私のエッジから観ている風景 日本籍で、在日コリアンで』(ぶなのもり)
下地ローレンス吉孝『「混血」と「日本人」 ハーフ・ダブル・ミックスの社会史』(青土社)
ケイン樹里安・上原健太郎編著『ふれる社会学』(北樹出版)
内藤正典『プロパガンダ戦争 分断される世界とメディア』(集英社新書)
ジャン・ベルナベ/パトリック・シャモワゾー/ラファエル・コンフィアン『クレオール礼賛』恒川邦夫訳(平凡社)
庵功雄『やさしい日本語 多文化共生社会へ』(岩波新書)
岡真理『記憶/物語』(岩波書店)

著者紹介

小池陽慈[コイケヨウジ]
1975年生まれ。早稲田大学教育学部国語国文科卒業。早稲田大学大学院教育学研究科国語教育専攻修士課程中退。現在、大学受験予備校河合塾・河合塾マナビス、および国語専科塾博耕房で、現代文を指導。2022年4月より、放送大学大学院(人文学プログラム)修士全科生(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)