電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

すべての臨床医が知っておきたい便秘の診かた : 「とりあえず下剤」から卒業する!患者に合わせた診断

 

中島淳【編】

株式会社羊土社 2022/04 発行
ISBN: 9784758123914
KNPID: EK-1186288
定価 :¥4,400(本体 ¥4,000)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

あらゆる科で遭遇する「便秘」について,患者背景に合った診断・治療のアルゴリズムを解説.多様化する便秘薬の使い分けと処方例も紹介.心血管イベントやCKDなど他疾患との注意点もよくわかる!

目 次

第1章 便秘の基本を理解しよう
1.なぜ便秘は治療しなければならないか?
2.便秘とは?
3.便秘の診断・病型
4.便秘診断のアルゴリズム ~これだけは外せない初診ですべきことは何か~

第2章 便秘の治療
1.治療総論:満足度の高い治療のゴールとは?
2.便秘治療のアルゴリズム
3.薬の種類と特徴
1 酸化マグネシウムおよび刺激性下剤
2 上皮機能変容薬:ルビプロストン
3 上皮機能変容薬:リナクロチド
4 新規浸透圧性下剤(ラクツロースとPEG)
5 胆汁酸トランスポーター阻害薬(エロビキシバット)
6 末梢性μオピオイド受容体拮抗薬
7 便秘症に対する漢方薬
8 浣腸・坐剤
4.生活習慣の指導・排便タイミング
5.難治性便秘の患者への対応をどうするか
1 直腸肛門機能障害の診断方法と治療
2 便失禁の診たて方と治療

第3章 疾患と便秘の関係
1.消化管疾患と便秘
2.循環器疾患と便秘
3.パーキンソン病と便秘:レヴィー小体型認知症を含めて
4.精神疾患(認知症を含む)と便秘
5.糖尿病と便秘
6.がん・疼痛緩和と便秘
7.腎疾患と便秘
8.産婦人科領域の便秘
9.排尿障害と便秘
10.在宅医療と便秘
11.小児領域の便秘
12.整形外科領域の便秘
13.リハビリテーション領域での便秘対策

著者紹介

中島淳[ナカジマアツシ]
横浜市立大学肝胆膵消化器病学教室主任教授。平成元年大阪大学卒業後、地域の病院で研修を積んだ後、東京大学第3内科で医学博士取得後、同病院で助手を務める。ハーバード大学附属Brigham and Women’s病院客員研究員を経て平成13年より横浜市立大学第3内科講師、平成26年より現職。専門は消化器内科、特に慢性便秘症などの機能性消化管疾患(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)