インフォグラフィックスの潮流―情報と図解の近代史

9784416115497

インフォグラフィックスの潮流―情報と図解の近代史

永原/康史【著】

誠文堂新光社 2016/02 発行
174p B5 26
ISBN: 9784416115497
KCN: 1024395397
紀伊國屋書店 選定タイトル


定価:¥3,080(本体 ¥2,800)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC :
727
KDC:
F71 情報科学一般・理論
B53 写真・工芸

和書ジャンル :グラフィックデザイン

新聞掲載:読売新聞2018年03月04日

内容紹介

インフォグラフィックスの形成とその潮流を豊富な資料とともに解説。データヴィジュアライゼーションのあり方を考える基本の一冊。

目次

第1章 都市交通図―モダニズムの美学
第2章 図解と統計―啓蒙の時代の情報図
第3章 視覚言語―20世紀の冒険(1)
第4章 可視化と物語化―20世紀の冒険(2)
第5章 関係図―比喩から抽象へ
第6章 コードのかたち―大量情報の時代
終章 情報と図解の近代史

著者紹介

永原康史[ナガハラヤスヒト]
グラフィックデザイナー。多摩美術大学情報デザイン学科教授(メディアデザイン)。電子メディアや展覧会のプロジェクトを手がけ、メディア横断的なデザインを推進している。2005年愛知万博「サイバー日本館」、2008年スペイン・サラゴサ万博日本館サイトのアートディレクターを歴任。2016年あいちトリエンナーレ公式デザイナー。MMCAマルチメディアグランプリ展示イベント部門最優秀賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

近代におけるインフォグラフィックの形成史とその潮流を豊富な図版資料とともに概説する。

膨大なデータが行き交う現代において情報を視覚化して理解を促すインフォグラフィックはその重要性を増しつつあります。
本書はインフォグラフィックの歴史をマップ,統計,図解,関係,コードといった観点から探求し,インフォグラフィックを本質的に理解する視点を提示するとともに,今後の視覚情報のあり方を考える機会を提供します。
図版資料も満載。
インフォグラフィックの歴史や基礎的な知識を学ぶ一冊としてデザイナー,編集者,プログラマなど情報の視覚化にかかわる人すべてにおすすめします。

 * * *

情報を視覚的に表現したものを総称してインフォグラフィックといいます。
人類は古代より情報を図や記号によって視覚化してきました。
とくにルネサンス以降の印刷技術の発展や産業革命以降のマスコミュニケーションの発達はインフォグラフィックの発展に大きな影響をあたえ,ダイアグラム、チャート、ピクトグラムといった近代的手法の確立を後押ししました。
こうしてインフォグラフィックスは交通、地図、ニュース、マニュアル,教育をはじめ,社会のあらゆる場面で活用されるようになっています。

そして21世紀,コンピュータの普及やネットワーク化によって私たちをとりまく情報量が飛躍的に増加しました。
人間の認識能力を超えた膨大な量のデータと人間の理解をとりもつインターフェイスととしてインフォグラフィックがその重要性を増すとともに,動的なデータ表現によってその表現方法も大きく革新されつつあります。

いまやインフォグラフィックの制作,運用,理解のためには表面的な処理方法の問題をこえて,情報と表現の関係を本質的に捉える必要があります。
そこで本書ではインフォグラフィックをマップ,統計,図解,関係,コードといったアプローチ別に考察し,インフォグラフィックにかんする基本的な考え方を提示します。
また,インフォグラフィックの形成史のなかで,データ視覚表現の「変化ドライブ(変化の要因)」を探り、今後の視覚情報のあり方を考える機会を提供します。

【著者紹介】
永原 康史:グラフィックデザイナー。多摩美術大学情報デザイン学科教授。ブックデザインから電子メディアのプロデュース、展覧会のアートディレクシ

▲ページトップへ