作家の訳した世界の文学
(丸善ライブラリー)

9784621050460

作家の訳した世界の文学
(丸善ライブラリー)

井上/健【著】

丸善出版 1992/04 発行
193p シンシヨ 18X11
ISBN: 9784621050460
KCN: 1001749408


定価:¥641(本体 ¥583)

この商品は絶版のため、BookWeb Proでのお取り扱いができません。

納期について
NDC :
910.26

和書ジャンル :丸善

内容紹介

我が国の近代小説の幕明けは、西欧文学の翻訳から始まったといっても過言ではない。多くの作家たちが、西欧の価値観や様々な技法に接し、挑発されて、独自の新しい文学の世界を切り拓いていった。さらな戦後から現代にかけては、より多様で、そしてより多彩な翻訳文化が開花し、数々の作家が、創作や翻訳に独自性を主張した作品を発表している。本書は、近代から現代にわたる日本の作家たちが、自ら翻訳した様々な作品を取り上げ、その変遷と背景を探り、「翻訳」小説の本質に迫ってゆく。

目次

序「差異」と「同一化」の間で―村上春樹とレイモンド・カーヴァー
1 戦前に訳された世界文学(語りの戦略―トマス・ハーディー「グリープ家のバアバラの話」谷崎潤一郎訳;二重の意味を読む―エドガー・アラン・ポオ「アモンティリャアドの酒樽」佐藤春夫訳;換骨奪胎の才―テオフィル・ゴーチエ「クラリモンド」芥川龍之介訳 ほか)
2 戦後に訳された世界文学
(夢魔とユーモアを訳す―フランツ・カフカ『田舎医者』長谷川四郎訳;アンチ・ヒーローの系譜―バーナード・マラマッド『レンブラントの帽子』小島信夫訳;都市幻想の叙法―ジェラール・ド・ネルヴァル『十月の夜』中村真一郎訳 ほか)
読書案内

▲ページトップへ