“こっくりさん”と“千里眼”―日本近代と心霊学
(青弓社ルネサンス)

9784787292575

“こっくりさん”と“千里眼”―日本近代と心霊学
(青弓社ルネサンス)

増補版

一柳/廣孝【著】

青弓社 2021/01 発行
263p A5 22
ISBN: 9784787292575
KCN: 1040271289
紀伊國屋書店 選定タイトル


定価:¥3,080(本体 ¥2,800)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC :
147
KDC:
C11 社会学思想・理論/社会学一般
C41 民族学・民俗学
A39 日本史(近現代)

和書ジャンル :精神世界

内容紹介

明治半ば以降、一気に広まった遊び「こっくりさん」、人々を熱狂させた催眠術、透視をめぐる論争を巻き起こした千里眼事件―。「信仰」「迷信」「心」と「科学」のあわいに発生して、多くの人々の耳目を引いた明治期のオカルト現象から、日本の近代化の一側面を照らす。

目次

第1部 “こっくりさん”と“千里眼”(明治のこっくりさん;催眠術と「煩悶の時代」;千里眼と科学;科学のゆくえ・心霊学のゆくえ)
第2部 その後の“こっくりさん”と“千里眼”(千里眼は科学の分析対象たりうるか;催眠術と霊術のあいだ;「こっくりさん」の変容)

著者紹介

一柳廣孝[イチヤナギヒロタカ]
1959年、和歌山県生まれ。横浜国立大学教育学部教授。専攻は日本近現代文学・文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

▲ページトップへ