攻殻機動隊論

9784861828812

攻殻機動隊論

藤田/直哉【著】

作品社 2021/12 発行
354p 46 19
ISBN: 9784861828812
KCN: 1041774916
紀伊國屋書店 選定タイトル


定価:¥2,970(本体 ¥2,700)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC :
726.1
KDC:
B55 演劇・映画

和書ジャンル :42

新聞掲載:週刊読書人2022年03月18日,週刊読書人2022年03月18日

内容紹介

サイバーテロ、AI、フェイクニュース、SNS、仮想空間、ポストヒューマン…。イーロン・マスクに影響を与え、30年前に予言し、ハリウッドを触発し、未来を創造し続けるSF。現実を進化させた、Seriesの作品世界を徹底解剖。その内在する力と日本文化の根本をえぐる、著者構想10年、畢生の書。

目次

第1部 超越と身体(原現実との邂逅―押井守『攻殻機動隊』『イノセンス』;創造的神話―士郎正宗『攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL』)
第2部 叛逆と体制(匿名の革命―神山健治『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』;大衆の体制―『東のエデン』『ひるね姫』)
第3部 真実と正義(陰謀と感染―『攻殻機動隊ARISE』;記憶と痕跡―ルパート・サンダース『ゴースト・イン・ザ・シェル』;超人類の民主主義―神山健治・荒牧伸志『攻殻機動隊SAC_2045』;『攻殻機動隊』の後継者たち)

▲ページトップへ