回復・就労・結婚 統合失調症患者12人の軌跡―コロナ禍をブリリアントに生きる

9784908296208

回復・就労・結婚 統合失調症患者12人の軌跡―コロナ禍をブリリアントに生きる

渡部/和成【著】

洋學社 2021/12 発行
119p B6 19
ISBN: 9784908296208
KCN: 1041785680
紀伊國屋書店 選定タイトル


定価:¥1,540(本体 ¥1,400)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC :
493.76
KDC:
C23 臨床・その他
G71 神経科学・精神医学

和書ジャンル :統合失調症および他の精神病理障害

目次

第1章 統合失調症の薬、揺れ、回復
第2章 重症でも諦めずチャレンジ
第3章 趣味で調子を整える
第4章 就労しての悩みを乗り越える
第5章 パートと作業所の二刀流を続ける
第6章 結婚し互いを気遣う
第7章 就労・結婚と薬物療法に関する資料
第8章 明らかになった回復から就労と結婚へのポイント
用語解説集

著者紹介

渡部和成[ワタベカズシゲ]
1951年愛知県生まれ。1977年3月名古屋市立大学医学部卒業。同年4月愛知学院大学歯学部助手(大脳生理学)、1982年12月同講師。この間の1981年から1982年、アメリカ・カリフォルニア工科大学生物学部リサーチフェロー(神経生物学)。1987年4月八事病院(愛知県)精神科医師、1997年9月同副院長。2009年4月恩方病院副院長(東京都)。2012年4月北津島病院院長代行(愛知県)、2013年4月同院長。2014年8月田宮病院院長(新潟県)。2020年4月長岡崇徳大学客員教授(兼任;現在まで)。2021年4月田宮病院名誉院長となり現在に至る。医学博士。専門は統合失調症治療。第4回臨床精神薬理賞優秀論文賞受賞(2008年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

著者にして最重症患者といわしめたA患者の外資ビジネス社会での華やかな現在の活躍をはじめ、患者12人の「その後」を詳解する。

▲ページトップへ