やさしく解説 甲状腺疾患の診断と治療―甲状腺を専門としない医師のために

9784524259946

やさしく解説 甲状腺疾患の診断と治療―甲状腺を専門としない医師のために

窪田/純久【著】

南江堂;南江堂〔発売〕 2016/09 発行
163p A5 21
ISBN: 9784524259946
KCN: 1026306759
紀伊國屋書店 選定タイトル


定価:¥3,520(本体 ¥3,200)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC :
493.49
KDC:
G51 内科学/小児科学

和書ジャンル :内分泌・代謝

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

To_buy_link

目次

第1部 もしかして、甲状腺疾患?―“疑う”ことから始まる検査・診断(甲状腺疾患を疑う手がかり;甲状腺検査値は、こう読む!)
第2部 あなたの患者さんはどのパターン?―フローチャートで診断しよう!(甲状腺機能異常が少し疑われるとき;甲状腺中毒症の鑑別;甲状腺機能低下症の鑑別;甲状腺に痛みがあるとき;甲状腺に結節を触知するとき)
第3部 整理しておこう!―各疾患の基礎知識(甲状腺中毒症を生じる疾患;甲状腺中毒症を生じる疾患;甲状腺に痛みが生じる疾患;甲状腺に結節を生じる疾患)
第4部 いざ、実践!―バセドウ病、無痛性甲状腺炎、橋本病の治療(バセドウ病の治療;無痛性甲状腺炎の治療;橋本病の治療)
第5部 専門医が診るべき甲状腺疾患とは?(甲状腺専門医にまかせたほうがよい病態;緊急性のある病態;他科の専門医との連携)

著者紹介

窪田純久[クボタスミヒサ]
医療法人社団くぼたクリニック理事長、院長。1986年徳島大学医学部医学科卒業、麻生飯塚病院内科研修医。1987年九州大学医学部附属病院心療内科研修医。1989年東京女子医科大学糖尿病センター研究生。1990年九州大学医学部附属病院心療内科内分泌研究室医員。1994年隈病院内科医員。1995年アレゲニー・シンガー研究所(米国、ピッツバーグ)リサーチフェロー。1997年隈病院内科医員。2004年隈病院内科部長。2009年隈病院副院長。2012年くぼたクリニック院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

長年甲状腺診療に携わってきた著者が,非専門医向けに診断と治療の初歩から実際までをやさしく“伝授”.長年甲状腺診療に携わってきた著者が,非専門医向けに診断と治療の初歩から実際までをやさしく“伝授”.自信をもって診療に臨めるように,各疾患の基礎知識をコンパクトに整理し,診断・治療のノウハウ,他科との連携までを平易に解説した.「MEMO」や「ADVICE」などのコラムで診療のコツや豆知識も身につく.診断の流れがひと目でわかるフォローチャートを掲載.

【内容目次】
序章 甲状腺疾患をシンプルに考えてみよう
 ポイントは“3つの指標”
第1部 もしかして,甲状腺疾患??“疑う”ことから始まる検査・診断?
 第1章 甲状腺疾患を疑う手がかり
 甲状腺疾患を見つけることの重要性
  A 問診?自覚症状をきいてみよう?
   1 甲状腺機能亢進症(甲状腺中毒症)
   2 甲状腺機能低下症
  B 視診?眼症状はあるか??
  C 触診?腫大,結節,痛みはあるか??
   1 触診でわかること
   2 ちゃんと触診できていますか?
   3 触診の見逃し
  D 生化学検査にヒントあり!
   1 総コレステロール値
   2 ALP
   3 AST,ALT,γ-GTP
   4 CPK
 第2章 甲状腺検査値は,こう読む!
 検査値の読み方を間違わないために理解すべきポイント
  A 甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモン(TSH)
   1 TotalT4とFreeT4(FT4),TotalT3とFreeT3(FT3)
   2 TSHはとても敏感,しかし変化はゆっくり
   3 FT4,FT3低値,TSH正常または低値の場合
   4 FT4,FT3正常または高値,TSH高値の場合,およびFT4,FT3高値,TSH正常の場合
   5 FT4正常,FT3低値,TSH正常の場合?低T3症候群?
   6 FT4,FT3正常,TSH軽度高値の場合?潜在性甲状腺機能低下症?
   7 FT4,FT3正常,TSH 0.3μU/mL未満の場合?潜在性甲状腺中毒症?
  B 抗TSH受容体抗体(TRAb),甲状腺刺激抗体(TSAb)
   1 TRAb,TSAbのどちらを測定すべき?
  C 抗サイログロブリン抗体(TgAb),抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb)
  D サイログロブリン(Tg)
  E カルシトニン
  F 画像検査
   1 超音波検査
   2 頸部軟線撮影
第2部 あなたの患者

▲ページトップへ