IgA腎症の病態と扁摘パルス療法

9784815730390

IgA腎症の病態と扁摘パルス療法

第2版

堀田/修【著】

メディカル・サイエンス・インターナショナ 2022/01 発行
163p A5 21
ISBN: 9784815730390
KCN: 1041866700
紀伊國屋書店 選定タイトル


定価:¥4,400(本体 ¥4,000)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC :
494.93
KDC:
G51 内科学/小児科学

和書ジャンル :腎臓・透析

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

To_buy_link

目次

1 IgA腎症の病態(IgA腎症で血尿と蛋白尿が出るメカニズム;IgA腎症が進行するメカニズム ほか)
2 IgA腎症の扁摘パルス(扁摘パルスはIgA腎症のどこに効くか?;扁摘パルスの適応と治療目標 ほか)
3 病巣疾患としてのIgA腎症(病巣疾患とは?その歴史;上咽頭の免疫機構 ほか)
4 IgA腎症診療のピットフォール(IgA腎症はメサンギウムの病気か?蛍光抗体法がもたらしたインパクト;エビデンスに基づく診療ガイドラインの限界 ほか)
5 IgA腎症診療“Take Note”(早朝尿とスポット尿の活用;季節変動を考慮した治療 ほか)

出版社内容情報・注記

扁摘パルス療法のパイオニアによる実践書が13年ぶりのアップデート。IgA腎症の病態と扁的パルス療法の実際を著者の30年以上にわたる豊富な経験をもとに解説。

▲ページトップへ