すべての臨床医が知っておきたい腸内細菌叢 : 基本知識から疾患研究、治療まで

電子書籍 Ek-0993171
個人向け

すべての臨床医が知っておきたい腸内細菌叢 : 基本知識から疾患研究、治療まで

内藤裕二【著】

株式会社羊土社 2021/05 発行

ISBN: 9784758123693
KNPID: EK-0993171

定価¥4,730(本体 ¥4,300)

和書ジャンル :病原・微生物学、寄生虫学

ファイルフォーマット:PDF形式
ファイルサイズ:13.89MB
デバイス:iPhone、iPod touch、iPad、Android、Windows、Mac OS X

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

To_buy_link

内容紹介

飛躍的に進展する腸内細菌研究について,本当に知りたいエビデンスとポイントを解説!「疾患との関わりでわかっていることは?」「プロバイオティクスはどれがよい?」腸内細菌叢に興味があり,気軽に学びたい方に!

目次

序 腸内細菌の分類表 第1章 腸内細菌叢の基本を理解しよう 1 腸内細菌叢は遺伝子情報で解析できる 2 日本人腸内細菌叢の特徴は? 3 母子環境が決める腸内細菌叢 4 幼少時ストレスによるディスバイオーシス 5 高脂肪食が変える腸内細菌叢 6 食物繊維と腸内細菌叢 7 ディスバイオーシスと腸管粘液層 8 腸内細菌叢に影響する環境要因 9 腸内細菌叢に影響する宿主遺伝子 10 腸内細菌叢解析からその代謝物解析に 第2章 腸内細菌叢と疾患研究でわかっていること,いないこと 1 炎症性疾患・免疫関連疾患 2 代謝性疾患 3 がん・腫瘍免疫 4 脳腸相関と精神・神経系疾患 5 腎・心・血管系疾患 6 機能性消化管障害 7 産婦人科疾患 8 スポーツ・疲労・不眠 第3章 腸内細菌叢を標的にした治療にはどんなものがあるか 1 医薬品としてのプロバイオティクス 2 診療ガイドライン・メタ解析からみたプロバイオティクスの位置づけ 3 乳酸菌とその機能性 4 ビフィズス菌とその機能性 5 酪酸菌とその機能性 6 機能性表示食品の新展開 7 次世代善玉菌 8 糞便微生物移植療法の新展開 9 高発酵性食物繊維による腸内環境改善策 10 ファージセラピーの臨床 索引

▲ページトップへ