電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

近世日本国民史 西南の役(五) 熊本城攻守篇

 

(講談社学術文庫)

徳富蘇峰【著】   平泉澄【校訂】

講談社 2013/08 発行
ISBN: 9784061584709
KNPID: 9830704416

この商品はBookWeb Proでのお取り扱いができません。恐れ入りますがご了承下さい。

ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「天下人心の向背は、この一挙にあり!」、熊本城を抜くか、これを守備するか。瀑布の落下するごとく城下に雪崩込む薩軍の前に、鎮台司令長官谷千城は「守備戦略」をもって対峙。しかも、政府軍は有栖川宮をいただき、第一、第二旅団を派遣、掎角の策に出る。対する薩軍の眼中には熊本城はなく、鎧袖一触、これを蹴破すべしとなし、何ら計画準備なくいたずらに精兵を堅城の下に疲困せしめ、ついに消極戦をもって始終するに至った。(講談社学術文庫)